返済の見込みがある場合

 

 生活を見直していただいた結果、返済を続けていける見込みがある場合は、以下の方法を検討いたします。

<任意整理>

  各業者との間で、返済方法について個別に交渉をします。ご依頼主様の経済状況を配慮して、月々の返済額の合計が、支払い可能な金額内に収まるように努めます。
 返済の総額については、利息の再計算をしたあとの元本残高を基に交渉いたします。ただし、業者の中には、弁護士・司法書士が間に入っても利息を請求してくるところがあり、交渉が難航するケースもありますので、予めご了承ください。利息の再計算をしたところ残高が小さい場合は、一括で返済することで、元本より少ない金額を支払う内容で合意に至るケースもあります。

<個人再生>

 安定した収入があるので月々の返済は続けていけるものの、返済の総額が大きいという方については、裁判所に個人再生を申し立てるという方法があります。
 個人再生手続によることが裁判所に認められると、利息の再計算後の総債務残高に応じて縮減した額を、原則3年間で各業者に返済します注)
 手続きの特則として、要件を満たせば住宅ローンの返済のみ従来どおり支払いを続けることで住宅を残すことができるので、持ち家がある場合は、破産ではなく敢えてこちらの方法を選択することもあります。
 申立てに際しては、弊事務所への報酬のお支払いのほか、裁判所に支払う手数費用として、20万円程度かかります。

注)例えば、利息の再計算後の総債務残高が400万円であれば、100万円を3年間で毎月返済すれば、残りの300万円については免責してもらえます。